おばちゃんの一日一日・・・

日々思ったことを、素直な思いで綴っていきたいと思っています。

おばちゃん 呆然となる

途中まで下書きした記事がある

けれどいまさら投稿するのはリアルでないので

あらためて記事をしたためることにした

 

  下書き記事さん

  さようなら

 

実は今至福の時間なの

今週に入りようやく得ることができた

 

週が明けてから

おばちゃんはほとんどデスクに落ち着くことがなかった

ときどきさぼりたくなってしまう

始末に負えないパートおばちゃんは

今週は午前中は役所まわり

午後は親方の運転手

忙しく動き回っていた

これが本来あるべき姿なのでしょうが(笑)

 

書きたいことがいっぱい

その中から一つだけ投稿したいことがある

しっかり記憶に残しておきたいからだ

 

それはこの前の日曜日のこと

上の娘と大バトルをした

 

この時とばかり

堰を切ったかのように

ありとあらゆる言葉で

私への不満をぶちまけてくれた

 

それはもう

こちらが黙り込んでしまうほどの勢い

 

言葉をまとめると

要は

 

  私も○●ちゃん(下の娘)も

  おかあさんが嫌いなの

 

好きだとは思っていないんだろうなと

最近うすうす感じていたが

あまり突然すぎて

あまりに衝撃的で

フェイントをかけることもできず

返す言葉も浮かばない

ただただ呆然

 

すると今度は

 

  そんな風にすぐに落ち込んじゃうところも嫌い

 

と上乗せされた

 

 

時を置いて上の娘に尋ねてみた

 

 母

  言いたいことはそれだけ?

  全部吐き出した?

 

 上の娘

  うん

 

 母

  それなら良かった

  あなたたちが不満に思っていることは

  親として改善していくよう努力はする

  けれど形は違うだろうけど

  親の本質は同じよ

 

 

さてここからは本音

やっぱりショックでしたよ

頭ごなしに

「嫌い」ですもの

平静を装っていたけれど

心は穏やかでなかった

 

けれど心底母を嫌っていたら

娘はそこまで言うかしら?

 

  言わないと思う

 

けれどショックはショック

身体にすぐ現れた

未明に動悸と息切れで目が覚めた

それから眠れない

 

仕事は休めないので

相方が職場まで送ってくれた

 

娘は相方に

おかあさんどうかしたの?

と聞いていたらしい

 

相方は

  調子悪いから運転が怖いって

  今日は電車で仕事に行ったよ

 

相方の心遣いが嬉しかった

 

家族の関係

ややこしくしている張本人は私のようだね

 

けれどもう少しだけ母に時間を与えてね

お年頃の母は

きっともう少しで落ち着くと思うから・・・