読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃんの一日一日・・・

日々思ったことを、素直な思いで綴っていきたいと思っています。

おばちゃん 自意識過剰&被害妄想になる

今日は親方主催の飲み会なので電車通勤

 

夏休みだから大学生はいないだろう

と思いつつも

座席確保のために

ホームでは一番前に並び

電車の到着を待った

 

甘かった・・・

 

夏休みだからこそ

普段電車に乗らない面々が乗っているのだ

 

ホームに入ってきた電車内は

夏休み前よりも混み合っていた

 

一番乗りして電車内に入り

空いている座席はと・・・

 

一つ見つけたと思った瞬間

ホームで私の斜め後ろに並んでいた女性が座った

 

  その技は何?

  超スーパープレーじゃん

 

しかもその女性

4人掛けの座席に座った途端

周りを男性に囲まれている状態なのに

おもむろに化粧をし始めた

 

  恐るべし・・・

  たたものではないとみた

 

電車内には補助席がある

よしっ!

これを倒して座ろう

一緒に乗ってきた女子中学生2人も

同じ考えだったようで

老若の女性3人が

補助席を倒そうと四苦八苦していた

その姿をみていた中年男性

 

  これ、頑張っても倒れませんよ

 

 

 おばさん

  え・・・

  なんでですか?

 

 中年男性

  運転手が操作しないと倒れないんじゃないかな?

  ・・・と思います

 

若干自信なさげな回答

おそらくその中年男性も

過去に試したことがあるのだろう

 

ホームの一番前に並び

一番先に電車に乗ったおばさんは

倒れてくれない補助席にもたれながら

終点までその中年男性と並んで立っていたのでした

 

 

電車通勤の時はほぼ席を確保するおばさん

座るやいなやたぬき寝入りしながらも

時折車窓を眺めているのだが

今日は立っていたので

普段みることのない景色をみることができた

 

  座った位置からみるのと

  立った位置からみるのとでは

  景色ってこんなにも違うのね

 

それにしても

超スーパープレーをみせてくれた

あの女性のことが気になってしょうがないおばさん

 

  マスカラ塗ってるじゃん

  電車の振動でズレちゃえばいいにのに・・・

 

そんな意地悪なことを考えてしまう

 

するとその女性から背中越しに

 

  一番前に並んで

  一番先乗ったのに

  座れなかったアホなおばはん

 

薄ら笑いを浮かべる女性の視線を感じたおばさん

 

なんて自意識過剰で

被害妄想たっぷりなんだろう

 

とか何とかしているうちに終点に到着

 

正直8月に入ってからは

仕事がめちゃくくちゃ忙しい

人様の仕事の手伝いをするなんて

とてもとても・・・

自分の仕事をこなすことで精いっぱい

今日の飲み会で英気を養わなきゃ!

夏休みまで残すところあと二日だもんね