読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばちゃんの一日一日・・・

日々思ったことを、素直な思いで綴っていきたいと思っています。

おばちゃんに喝を入れて下さい

先週末の親方から

 

   今からコピー作業頼んでいい?

 

と残業を頼まれた

 

コピー機さえちゃんと働いてくれたら

30分ちょいあればできる量

19時には帰れる

 

ところが資料の量はさほどないけれど

何かと手間のかかるしろもの

 

   ちまちまやるしかないか

 

コピー機が置いてある2階の事務室に行くと

いつも19時すぎまで残業している古株女性事務員さんはもちろん

なぜか18時過ぎには帰宅する若手事務員が残業している

そして上司№5と№7が揃って事務室にいる

 

   何だかいつもと様子が違うな・・・

 

おばちゃんが作業を開始してから10分ほどして

その4人がいっせいにおばちゃんに声をかけていった

 

   おかつれさま~~~~!

 

   何?何?

   おばちゃん一人を置いてけぼりですか?

 

どうも4人で飲み会にでかけたようだ

おばちゃんが参加すると酒量が嵩むとでも思われたのか

おばちゃんにはお声がかかっていない

 

   置いてけぼりにされひとり残業している虚しさ

   事前にひとこと言ってほしかったなという思いの怒り

   3人しか女性がいない職場なのに仲間に入れてもらえなかった悔しさ

   そんなこんなを恨めしく思っているおばちゃん自身の大人げなさ

 

作業しながら色んな思いが頭の中をぐるぐるしていた

 

帰りの車中でもぐるぐるしていた

 

連休の間もずっとぐるぐるしていた

 

週明け職場に出てきたら

もしかしてすっきりするかしれないと期待していたが

ツンデレおばちゃんはうまくきっかけを掴めず

もやもやが今も消えない

 

   「あほか!」でも

   「いいかげんにしたら!」でも

 

どちらでもいいです

誰かおばちゃんに喝入れて下さい!